一目置かれる|堂々とISO27001の資格取得をアピールする!信頼性が上がる

堂々とISO27001の資格取得をアピールする!信頼性が上がる

一目置かれる

オフィス

航空宇宙産業でロケットに装着する部品を製造するなら、品質が最も重要になってきます。高品質なロケット部品を納品しなければ、ロケット発射時にトラブルになってしまうでしょう。部品の不備によって、発射日が延期してしまう可能性があります。あるいは、無事に発射できても、大気圏に突入する前に機体が爆発してしまうことも考えられます。そうなると、宇宙飛行士の命が危ぶまれてしまいます。また、そのほかでは宇宙関連の産業や化学実験の遅延を招いてしまいます。そのため、航空宇宙産業関連の部品製造は責任重大なのです。徹底した品質マネジメントを構築したいなら、JISQ9100が必要不可欠です。JISQ9100は、日本工業規格の資格で、部品製造に関する取り組み方や作業手順に部品管理の仕方を構築するための品質マネジメントを構築しやすくするものです。JISQ9100を取得すれば、航空宇宙産業の団体や企業から一目置かれる存在となります。

JISQ9100は、日本規格と上記で説明しましたが、世界規格であるISOとはどのような違いがあるのか疑問を抱きませんでしたか。確かに、品質マネジメント関連の資格だと、国際規格であるISOの方が権威ありそうな印象を受けてしまいます。実は、ISOとJISはどちらが良いというのは、一概に言えないものなのです。基本的にどちらとも、高品質な製品製造をするための手順作りをしたり、製品管理の方法を決めたりするものなので、優劣というものが定まっていません。どちらとも、取得してしまえば堂々と公式HPのトップページに証明したという証の紋章が掲載することが許されます。